英語 ロジカル


【慶應義塾大学 文学部 英語】傾向と対策 講師 横山雅彦先生

ロジカルな考え方をする人達は ロジックとして成立する かしないかを 英語のプレゼンや ビジネス交渉では聞き手として 気をつけながら確認してきます。

しかも「英語」で、それができたら最高ですよね? 人前で英語で説明する機会は、ちょくちょく訪れます。

出だしに使う単語と構成 英語のプレゼンテーションの技法として大切なことは、「ロジカルに話を展開する」ことです。

ロジカル・リーディング ~三角ロジックで英語がすんなり読める~。

知らない単語があっても意外と論理展開は読み取れるようだ。

107ページまで読了。

わかりやすくロジカルな方法論を確立。

多くの受験生の支持を得ている。

ハイパートレーニング、ポラリス 難関大英語長文講義の実況中継(登木さん) 英語長文がロジカルに読める本 がオススメです。

とくに後半2冊はすごくいいです。

英語長文がロジカルに読める本(横山さん) で良いと思います。

やっておきたいシリーズは解説がなく、復習できないので、やらなくて良いと思います。

そうですね、大卒なので英語のロジカルはある程度分かります。

ただし、「英語ができる=仕事ができる」と言う事ではありません。