早稲田 大学院 面接


大学院入試の基礎知識

院の教授たちと面接し、口頭で試験を受ける形である。

歌手の小田和正さん(大学院理工学研究科修士課程修了)に憧れて早稲田に入ったとお聞きしました。

ピアノを弾くアルバイトをしようとしたこともありました。

学生のことを考えているか、共に働く意識をもっているかを問われるものでした。

「面接担当者が日本に来たという話を聞いて、強引に翌朝のアポを取り、徹夜で履歴書を書いて、興奮状態のまま面接官に会いに行きました。

社会人大学院生(企業等を退職した人、及び主婦等も含む) 専修大学を卒業してから約20年後に早稲田大学第二文学部に入学。

筆者は戦略コンサルの内定者で理系の大学院に通っている者です。

面接官はそう思うはずです。

大学は仕事をしに行くところじゃありませんからね。

実際は優秀な先生や世界的な学者も沢山いらっしゃいます。

新聞社に20年勤めた後に早稲田の大学院に在籍しているジャーナリストのなかのかおりさんが、 出願書類を作成し、筆記や面接の試験を経て合格。

経団連に加盟する大手企業の面接が8月1日解禁され、大学生の就職活動が本格化している。

次は進学指導重点校でした。

東大とか早稲田にバンバン入るよう 校長・副校長の人事配置や人事面接などをやっていました。

そこから意識的に人と関わり始めたことも面接に活きたと感じています。

上智と早稲田の大学院(人文系)に合格 以前、講座に参加させて頂いた者です。